招待するゲストに合わせて決めよう

結婚式場で結婚式を挙げる場合、どのような料理を選べばいいのか迷ってしまうカップルは少なくありません。披露宴の料理は、参列者が一番楽しみにしているものといっても過言ではありません。ゲストが満足してくれるように慎重に料理を選びたいものですよね。一口に披露宴の料理といってもフランス料理をはじめ和食、イタリアンなど様々なジャンルがありますが、特に人気なのがフランス料理です。フランス料理は、普段味わえない美味しい料理を堪能できる上に盛り付けが華やかなことが魅力です。次に人気の料理のジャンルが、和食あるいは和洋折衷の料理です。和食は普段食べ慣れている上に箸を使うことができるので、参列者に年配の方が多い場合に最適だと言えるでしょう。また、イタリアンや中華はリーズナブルな価格でボリューム満点なので、カジュアルな雰囲気の披露宴に向いています。いずれにしても、料理は参列者の年齢や好みを考慮して選べば、失敗することがありません。

アレルギーに対応してくれるか確認しよう

結婚式場で披露宴を挙げる際は、あらかじめスタッフにアレルギーに対応した料理を別に用意してくれるか確認することも大事です。基本的に結婚式には、高齢者をはじめ子どもなど幅広い年代の方が集まるものです。食材に対してアレルギーを持っている参列者がいる場合、せっかく準備した料理も美味しく食べることができません。また、年配のゲストの場合、ステーキなど硬いものがあると食が進まない可能性もあります。したがって、年配のゲストやアレルギーのある方のために、別の食材で代わりのメニューを出してもらえるかどうか事前の確認が必要です。

結婚式場は使用する会場の広さや演出などで金額が大きく変わります。京都の結婚式場を利用する時は、具体的なイメージを描いて必要に応じて予算を抑える工夫をすることが大切です。